マンションを貸す場合には比較検討が必要

マンション貸すと設備のクレームに対処の必要

順調にいけばあと10年くらいでローンは完済できるはずでしたが、住み始めて既に10年経過しているため売却してもかなり低価格になり、ローンのみが残ってしまうことになるため、すこしでも返済額を減らすには家賃収入があった方がよい、との判断となり、その不動産屋と賃貸の契約を結ぶことにしました。
私たち一家は札幌に移住し新たな生活が始まりましたが、3ヶ月ほど経過しても借り手が付いたとの連絡がありませんので不動産屋に連絡したところ、賃貸情報誌に掲載はしているが10年経過していることや、駅から不便であることからなかなか借り手が付かないとの返事がありました。
早く契約者を見つけるにはリフォームの必要があることと、賃貸料をもう少し安くすることを提案され、お金を使いたくないので貸すことにしたのにまた出費とはと文句はいいましたが、こちらが現地にいない以上、相手の言いなりになるしかありません。
リフォーム代として30万円支払い、家賃も1万円引いたところ早速ファミリーの入居者が決まり、月々のローン返済額には少し届かないものの、家賃収入が入るようになりました。
ところが、そのファミリーは給湯器が古いだの、立てつけが悪くドアの締まりが悪い、廊下のワックス成分が劣化しているだのクレームを立て続けに言ってきました。

母親が病気で転居するはめにマンション貸すと設備のクレームに対処の必要所有マンションを貸すことで賃貸収入を得ています売却して残りのローンを一括返済すべきか